起業する方に向けての情報を発信します!

起業応援団ブログ

起業時はリスティング広告がオススメ

2015/04/21

楽にゃん

あなたの商品・サービスを
待っているお客さんがいます。

それでもまだ、悩みますか?
それともいま、進みますか?

こんにちは、担当者の馬庭直人です。

法人新設時の広告について、とても多くのご相談をいただました。

当初は『ホームページ?まだ必要ないよ!…』と言っていた社長様も、
他社がその商品をホームページでバンバン売っているのを知り、
貴重な販売機会を損失し続けていたと告白いただきました。

私たちはロゴ作成名刺作成封筒作成ホームページ作成など、初期の広告基盤を
提案するプロフェッショナルです。

知らなければ損をする、これだけは抑えておきたい
基準価格や納期、必要数量、他社事例など…
あらゆる角度から、貴社の広告のサポートを
いたします。

創業時のWebサイトには、中々アクセスが集まらないもの。
そんなお客様に、私たちはGoogleAdWordsやYahooプロモーション広告など、
ディスプレー広告、リスティング広告(検索連動型広告)をおすすめしております。

現在、広島・岡山を中心にサポートさせて頂いております。
ご相談はお気軽にご連絡下さい。

小規模事業者持続化補助金を利用するには?

2015/04/10

広告をなめてはいけない

なぜ多くの新設法人は、創業期の
広告宣伝で悩むのでしょうか?

法人設立時は、とても多くの営業連絡がありますよね。
そして、創業時は忙しく「広告作成なんかに時間が取れない」
また、「広告制作費の高い、安いの基準がわからない」、「安い
からと、チラシホームページ名刺封筒など、別の業者に出してしまってイメージがバラバラ」など、
色んな失敗談を聞かせていただきました。

適当な広告はダメ??

広告物は、貴社の顔であり内面を表すとても大切なものです。
安易に、安いから、と簡単に進めないでください。
まずは安心して話せるパートナーを見つける事が大切です。

弊社は中身がわかる安心価格設計と公平性、そして、一貫し
たイメージ戦略で貴社のブランド構築のお手伝いをさせて頂き、
「広告のことなら任せてOK」といって頂けるパートナーを目指しております。

あなた様の「こうしたい」や「しなきゃいけない」を確実に、
そして、高クオリティでお手伝いいたします。

今すぐお気軽にご連絡下さい。

また、小規模事業者持続化補助金というものがあります。
詳しくはこちら

このような補助金を使った集客のご相談も多くよせられます。
その都度一緒になって集客プランを考えますが、
しかし、補助金が先ではなく、集客プランが先(笑)
補助金を得るために無造作な広告は、
軸のぶれたものになりがちです。

御社のUSPを見出し、
軸のしっかりしたブランディングのお手伝いを
致します。是非ご相談ください。

一般財団法人ブランドマネージャー認定協会

※一般財団法人ブランドマネージャー認定協会のブランドマネージャーが在籍しております。

起業時のご相談で多いこと

2015/04/05

必見!知って得すること、知らないで損すること。これだけは抑えておきたい起業時販促物制作のルール

法人設立おめでとうございます。
起業時の広告制作や販売促進について、
多くのお客様からご相談いただいた事例・内容を
もとに、何かお客様のお役に立てる情報をご提供
できないかと考えております。印刷価格も、
インターネットを使うと安く抑えられる
ことなど、お客様視点で惜しみなく情報をご提供します。
我々は、地域企業の皆様と共に成長することを
ミッションとしております。気軽にご相談いただける
パートナーとして選ばれ続けるために。

◆こんな方是非ご相談下さい!◆
・名刺、封筒。他に何が要るか思い浮かばない方。
・頭に思い描いているストーリーがあるが、具現化に手間取っている方。
・○○で、広告会社の営業マンが苦手な方(汎用型営業マンがお伺いします!)
・ホームページの必要性を感じているけど、予算帯も、依頼方法も知らない。
・何社か広告会社来たけど、全部高い!と感じた方。(→最終兵器、ヤマトです!)

いつ相談するの?「今でしょ!」
…少し古いですか?

商工会議所からの補助金情報

2015/04/03

起業されたら商工会議所への加入をおすすめします。
毎月届く会報誌がとても参考になります。

商工会議所さんからの会報には

小規模事業者持続化補助金
ものづくり・商業・サービス革新補助金
創業、第二創業促進補助金

といった補助金、助成金のサポートの
窓口案内がありますので、
ご検討の方には嬉しいですね。

岡山・広島で起業時の広告をご検討なら
起業応援団へご連絡下さい。

ロゴ・マーク格安作成のススメ

2015/04/01

ロゴマーク
私には残念な事があります。
それは多くの会社が、自社がお客様にどのように覚えられているか、意識されずに
営業され続けていることです。

なぜ大手企業は、高額な費用を払ってまでロゴを作成するのでしょうか?

有名コーヒーチェーンのロゴは1,000万円、あるイギリスの放送会社のロゴは1億4,000万円…
いったい、なぜこれほど高額費用を投入する必要があるのでしょうか。

コカコーラは、1885年から、ほとんど変わらず同じロゴや同じ赤色を使い続けている
おかげで、私たちがのどが渇い時、無意識に赤い自販機を見つけていますよね。

またナイキのロゴが大きく入ったウェアを喜んで着る、
つまり企業に代わって宣伝することに抵抗無いですよね。

つまりブランドなんですよね。

そして企業イメージを象徴するロゴを持たずに、
営業し続ければするほど、お客様に接する機会が増えれば増えるほど、
企業イメージ刷り込みのチャンスを失っていることは、
ここまでお読みいただいた貴方なら、ご理解されていることでしょう。

まずは自社をどのように覚えてもらいたいか。
そのことを一緒に考えてみませんか。

そして、ロゴはいつでも変えて良い、ということを知って下さい。
多くの企業も、成長段階や商品に合わせ、時々リニューアルしています。ご安心下さい。

担当者 馬庭

1 / 212
0120-801086